1. トップ>
  2. ヘルスコートシリーズ>
  3. ヘルスコート>
  4. Q&A

ヘルスコート

概要  特長  施工について  実験データ  Q&A

  1. ヘルスコートは、どういう物ですか?
    大きさわずか1ミクロン~3ミクロン(髪の毛一本約60ミクロン)の粒子である微粉末炭と、液体ナイロン樹脂を混合して塗料化したものです。
  2. 液状ナイロン樹脂と何故混合するのですか?
    液状ナイロン樹脂は微粉末炭をつなぎ止める結合剤です。同時に接着剤としての効果も持っています。
  3. なぜ他の接着剤や樹脂ではいけないのですか?また、特許は出願してるのですか?
    液状ナイロンは水を通さず、水蒸気は通します。これは水が0.3ミクロンの粒子であるのに対し、水蒸気は0.002ミクロンの粒子だからです。また、微粉末木炭の吸脱着効果を出すには、木炭の多孔質体の孔を塞がずに完全に呼吸をさせる事と、保水性、密着性が必要ですが、液状ナイロンはその両方を持ち合わせています。他の接着剤や合成樹脂に無い通気性と保水性により、塗料化しても木炭の効能を引き出す事ができるのです。
    ヘルスコートは特許取得商品(第3133962)です。
  4. なぜ微粉末木炭を使用するのですか?
    木炭は微粉末にすることで表面積が広がり、より効果を引き出すことが可能です。 また、微粉末にすることで活性化し、触媒としても働くようになります。
  5. 木炭の中では備長炭が最高に効能が有るといわれていますが、本当でしょうか?
    木炭には、臭いなどの有機物質や、湿気などの水分を吸着したり脱着したりする機能があります。1,000℃~1,200℃で焼成された備長炭は塩基性の性質があり、酸性質の物質を良く吸着します。また半導体の特性があり、電磁波吸収材としての機能も発揮します。その反面、調湿、消臭作用速度が遅いなどの難点もあります。
  6. 備長炭やその他の固形炭の方が木炭というイメージがあり、たくさん使えば効果も安心できる気がします。
    ヘルスコートは塗料なので塗膜が薄く、木炭のボリューム感も無いので、本当に効果があるのか心配です。
    心配はいりません。木炭は、体積より比表面積で効能を発揮します。棒状の形やボリューム(量)よりも、いかに木炭炭素の表面積をムダなく均一に分散させて作り上げるかが、効能を最大限に引き出すポイントと言えます。ヘルスコートに使用されている木炭は、1m2当たりおよそ100g(樹脂の量は除く)です。
  7. なぜ木炭の表面積で効果が出るのですか?
    アンモニアガスの消臭実験では、備長炭の表面層にのみ臭いが移り、炭を割った内部は臭いが移っていなかったという結果があります。この様に、炭の性 能はボリュームに応じて発揮されるものではないのです。微粉末炭の持つ官能基は幾種類も表面に帯びて、物理的化学的吸着分解が起きるので、ヘルスコートの表面には臭いも残りません。
    ◎ 調湿性についても吸放率により、湿度のコントロールをするのです。
  8. ヘルスコートは抗酸化環境を作ると聞きましたが、どのような事なのでしょうか?
    ヘルスコートの表面層は木炭炭素の塊です。炭素は、活発なマイナス電子が周囲との電位差が生じることで負に帯電します。そのため、周囲の物にマイナス電子 を供給してくれる役割があります。この「還元作用に富んでいる」という働きにより、正イオン(正の帯電粒子)が多い環境であれば、炭素の還元力(中和作 用)によって抗酸化環境ができる訳です。ICAS SUMICASを接続することでよりその効果を発揮できます。
  9. 住まいの中に負イオンが多いとなぜ人に良いのでしょうか?
    「還元作用に富んでいる」木炭の働きは、物の寿命を伸ばす働きがあると昔から言われています。抗酸化環境は、人の新陳代謝を促進して若返らせる効果があると同時に、人の身体に活性化を促し、健康を促進させる事にもなります。住まいの中にヘルスコートを使用する事で、健康的な素晴らしい環境を提供する事になるのです。
  10. 例えば6帖の部屋であれば、どのくらい塗れば木炭の効果が出るのでしょうか?
    木炭の比表面積が広がれば広がるほど、触媒活性が盛んになり、空気をきれいにすることができます。。本当に健康住宅にひたりたいとお考えの場合、最低でも天井と壁への塗布が必要です。
  11. 寝室にヘルスコートを使用したいのですが、寝室ではどの様な効果が期待できますか?
    人間は睡眠中にも酸化したガスが身体から発生するといわれています。それはいろいろな臭いとなり、特に新陳代謝が活発な若い人や、逆に新陳代謝が活発でな い病人や老人に、その傾向が顕著です。自分の発散した臭気を吸うことにより、自律神経のバランスが崩れて熟睡できず、肩が凝ったり、ストレスが解消ができ なかったりするため、疲労が蓄積されていくという訳です。ヘルスコートを壁・天井に塗布すると、木炭の働きにより、身体がリラックスしてストレス解消にもなり、健康な身体を作る環境ができるのです。
  12. ヘルスコートを壁、天井に塗布して、クロス・和紙・白木・塗料などで仕上げても効果は変わらないのでしょうか?
    通気性の素材であれば問題ありません。接着剤も、デンプン系・セルロース系など自然の素材の物か、通気性材料であれば大丈夫です。
    ただし、注意が必要な場合もあります。高温で履歴された木炭は若干金属の性質がでてきます。クロスを仕上げた場合、点錆のような錆がクロスの表面に出てくる傾 向があります。従って、弊社推奨のクロスをご使用下さいますようお願い致します。また、その他の材料を仕上げに使用する場合はご連絡をお願い致します。弊社では、通気性があり、点錆の出にくいクロスを試験して確認しています。
  13. ヘルスコートには調湿効果がある事が解りましたが、結露には効果があるのか?
    室内結露につきましては、昨今の高断熱住宅において、断熱材・室内換気・空気の循環装置・二重サッシなどで設計上での結露対策は完全に近いかと思われます。 しかし、さらなる水分管理(人間が生活する中で、年間10トンの水分が室内に排出されるといわれている。)が、必要ではないかと思われます。 その様な空気中の水分についてはヘルスコート1m2塗布面積で15gの水分吸着量があります。
ページのトップへ戻る